×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

韓国食材 韓国海苔(韓国のり)キムチ

韓国の食材の有名どころといえば、韓国海苔(かんこくのり)。韓国のりは、韓国で生産されている海苔の一つである。塩とごま油で味付けされているものが有名だが、かつては味付けされていない海苔も日本に多く輸入されており、それらすべてを「韓国海苔」と総称していた。
日本の板海苔の等級で比較すれば全体的に下級品であり、発色が悪く木目が荒い。なお韓国では、スサビノリとは別種のオニアマノリ、マルバアマノリ、ツクシアマノリなどが好まれているとされる。
韓国のりを、アツアツご飯とご一緒に。ビールのおつまみに。そのまま食べてお子様のおやつにも最高。
韓国のりでご家庭のお米やお酒の消費量の増加が期待できる、かも。。
韓国の食材で有名なものといえば、キムチは外せない。キムチのいろいろについて紹介する。
トンペチュキムチは 白菜を切らずに、丸ごと塩漬けしてつくり、葉と葉の間に、薬味を入れてつける冬のキムチ。
ナバクキムチは 大根、白菜を原材料にして作った汁気の多いキムチ、早春に漬けられ、さっぱりとして知るがおいしい。
ぺッキムチは 粉唐辛子を使わずに、塩だけで味付けしたキムチ。キムチが熟成すると、白菜からさっぱりした汁が出てくる。
オイソバギは塩漬けにしたきゅうりに、薬味をいれて作る。夏に漬けるキムチでさっぱりとした歯ごたえのきゅうりとさっぱりとした汁が特においしい
トンチミは 大根をまるごといれて塩だけで、味付けをした冬のキムチ。カメを地面に生めておき、すこしずつ取り出して食べる。冷たくしてさっぱりとしている
チョンガッキムチは 小さな大根のキムチ。粉唐辛子と薬味を沢山いれて作り、夏でも長期保存ができる。
ポサムキムチは 基本的な、薬味になし、牡蠣、栗、なつめなどをいれて作る贅沢なキムチ。これらの材料の味が浸透した頃が食べごろ
カクツゥギは 大根を食べやすい大きさに、切って作ったキムチ。手軽に漬けられ、ソルロンタンやへジャンク等のスープ類とよくあう

韓国食材 調味料

本場韓国の味をご家庭でお手軽に楽しめる、料理には欠かせない調味料と豊富なバリエーションで味わいいろいろな韓食材を集めました。日本でもおなじみの商品や珍しい商品など紹介しています。
コチュジャンは唐辛子・もち米・小麦粉・食塩で造った唐辛子味噌です。韓国料理に幅広く使われています。
サムジャンは焼肉専門店でサンチュの味噌として呼ばれたり、生野菜に付けて食べたりする韓国の唐辛子入り合わせみそです。
韓国ゴマ油は香りとコクが自慢の商品です。1回使ったらやめられない味です。
イリコエキスはいわしエキスと同様にキムチを漬ける時には、必要な調味料です。
カナリエキスはキムチや鍋料理に欠かせないイワシのエキス。いわしエキスと同様に、必要な調味料です。
焼肉のタレは焼肉の本場韓国でも人気の高く、本格的な味が楽しめる焼肉のタレです。
韓国の味の素は牛肉のうまみを閉じ込めた韓国風味だしの素。
韓国唐辛子は白菜キムチ、カクテキキムチなどを作る時に必要な調味料です。
チジミ粉は日本のお好み焼きと似ていますが、もっと薄く表面はパリッとする味です。
韓国のはるさめはシコシコ、モチモチ感とコシがあります、鍋料理などに入れて食べると良いでしょう。
辛ラーメンは韓国の代表的な辛いインスタントラーメン。食べるほど美味しくなります。

韓国食材の入手方法

東京、大阪などの大きな都市にすんでいらっしゃるのならば、直接韓国食材店に行って韓国食材を購入するのがいいでしょう。
東京なら、韓国広場というスーパーや大阪の鶴橋駅の鶴橋商店街。川崎のコリアタウンなどがオススメだそう。
直接行って、食材を手に取って選んだり、お店の人に食べ方、使い方やレシピを教えてもらうのもいいですね。
また、近くに韓国料理店があれば、そのお店の常連さんになって、親しくなりましょう。もしかしたら食材を分けていただけるかも。
お店によっては韓国食材を積極的に店頭に並べて 売っているところもあります。キムチや韓国のりなどは比較的手に入りやすいでしょう。
現在は通販も発達しているので、韓国食材を通販で購入するのもいいですね。そのお店のこだわりの食材を手に入れておいしい韓国料理を楽しみたいですね。

Copyright © 2007 韓国食材